ほんといろいろ

本と音楽と日々の愚行録

人生は儚いから土岐麻子の歌声で僕らは辛いことを忘れ踊り楽しむのである

何故だかわからないけれども、何となく秋を感じ始めると聴きたくなるのが、土岐麻子の歌声である(アイズレーに引き続き、急に聴きたくなるシリーズpt.2)。この声は一度聴いたら忘れることはできない。なんというか、キュートなくせにセクシーである(褒め)。


土岐麻子 / Gift~あなたはマドンナ~

これは聴いたことのある人は多いだろう。この曲は女性のために歌われている(彼女の曲の大半はそうかもしれない)が、関係ない。ありのまま生きたいのは僕も同じである。まさにシュペリエルな救いの曲。

シュペリエルとは、フランス語で「上級の、優れた」という意味である。フランス語つながりで行くと、これか。『C'est la vie(セ・ラ・ヴィ)』。これは僕も大好きな曲。


土岐麻子 / 「セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~」PV

人生ははかないから、楽しまなくては勿体無い。だからもう忘れて、シャラマーの『A night to remember』で踊ろうという曲である(少し違う笑)。「大人の女は惑うことなく踊れるキラーチューン」と詞にはあるが、この曲で踊れるのは僕よりも少し上の世代だろう。土岐さんもそのあたりの世代である。

とはいえ、『A night to remember』は僕も大好物で、DJでも何度かかけた記憶がある(これをかけるときは大抵お酒がそれなりに入っている時。笑)。


SHALAMAR~A NIGHT TO REMEMBER 1982 HD

今聴いてもいい。自然と身体が動きだすエモい曲である。シャラマーは他にも何曲かいいのがあるね。

というか、シャラマーではなく土岐麻子である。

ニューアルバム『PASSION BLUE』は、最近のアルバム『SAFARI』『PINK』と同じく、トオミヨウのプロデュースらしい。前々作の『PINK』からトラックの雰囲気が結構変わったけれども、曲と土岐さんの声の相性は抜群であった。今回も非常に楽しみである。

新作聴いたら、何か書こうかな。というか、土岐麻子マイベスト(ベストなんちゃら)的なやつも面白そうである。選ぶのが難しそうだけれども。。

まあ、いつか書くかもしれないし、もしかしたら忘れて踊りだしてしまうかもしれない。

人生は楽しまなくちゃ。

セ・ラ・ヴィ。

【Amazon.co.jp限定】PASSION BLUE(CD+Blu-ray Disc)(デカジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】PASSION BLUE(CD+Blu-ray Disc)(デカジャケ付)