ほんといろいろ

本と音楽と日々の愚行録

夏の終わりとアイズレー・ブラザーズ

あー、ついに夏が終わってしまったのかもしれない。と思わせる今日の涼しさと雨。

v8fMKV1odmkL2Evm/7eEJboYxpuFaA36u.jpg

そんな雨の中を車で移動中、無性に寂しさを感じると共に、急に聴きたくなったのはアイズレー・ブラザーズの『The highways of my life』。何から連想したのかは覚えていない。


The Isley Brothers - The Highways Of My Life - (3+3)

イントロのピアノで泣ける。ググッと引きつけといてからの、あのロナルド・アイズレーの声である。さらに泣く。

何故か(好きに理由はいらない)昔からこの曲が大好きで、もう何千回と聴いているけど(言い過ぎか)、今回かなり久しぶりに聴いた気がする。ノスタルジックドライビング。


他にもたくさんいい曲があるけれども、僕的に、というか一般的にアイズレー・ブラザーズといえば、そう『Between the sheets』だね。


BETWEEN THE SHEETS - Isley Brothers

セクシーですね。

雨は上がり、遠くに鈴虫の鳴き声が聞こえる静かな夜。その鈴虫と、色気たっぷりのロナルド・アイズレーの声のハーモニーを聴きながら眠りにつくのもいいかもしれないよ。

The Highways of My Life

The Highways of My Life

  • アイズレー・ブラザーズ
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

3+3

3+3