ほんといろいろ。

小説の感想とその他いろいろ(音楽、映画、壁紙...)愚考録

ブログに「日記」を書くべきということが全く伝わらない雑文

ブログに「日記」を書く。それを何故か否定する人もいるけれども、こんなもの書いて、誰が読んで得するのだろうか、なんてことは考える必要はない、と僕は思う。確かに「日記ブログ」は無駄なものかもしれない。でもそうやって、世界は本当に数え切れないほど「無駄なもの」で溢れているけれども、その「無駄なもの」こそが様々な文化や芸術を生み出してきた、あるいは生み出していくものではないのか、と思わなくもない。それに「日記」という表現は、そもそもそれ自体がその人の芸術作品になり得る、と半ば本気で思っている。

なんだか大袈裟なことを書いてしまったけれども、まあ人それぞれ考え方があって、その人自身が思うようにやればいいというだけのことで、特に僕の関知するところの話ではないのかもしれない。

とか言いつつ、このような事を書いてしまったのは、ブログに「日記」を書くという事を否定している記事を読んで、それはちょっと違うような、と思ったからで、単にそれに対してのつまらないアンチテーゼというだけのことである。ブログで「日記」を書いてみようかしら、という人のその初動やムクムクと芽生えたパッションを、頭ごなしに否定して潰してしまうのはあまり好ましくない。好きではない。何故なら僕自身もそうされるのが嫌だからだ。

最近「日記」を書くのがなかなか楽しくなってきていて、読んでいる人がほとんどいないことなど全く御構い無しに、勝手気ままに公開している。確かに誰も得はしないだろうな、とは思うけれども、そもそも「日記」というのは自分のために書くものであって、他人にどう思われようが関係ない。では何故公開するのかと言われると、それは他人の評価もそれなりに得たいからであって、そんなの矛盾しているではないかと文句を言われそうだけれども、でもそういった矛盾はどうせどんな事にでも付いて回るものなので、気にしないのが何事もコツコツと続けるコツである。結果このように文章が破綻していても一向に構わない。

何にしろ、やりたいと思ったら、周りの意見など気にせずにさっさと始めてしまえばいい(少々乱暴)のだ。やってみて初めてわかるということもある。やってみなければ何もわからない(よくある陳腐なお言葉)。

今回読んだ記事(日記ブログ否定ブログ)もそうだけれども、とにかく否定的なことというのは意外と簡単に書けてしまうもので、逆に肯定的な意見を書くというのは、案外難しい。本の感想などを書こうという時もそうで、文句などはいくらでも書けるのだけれども(書く気はない)、本当に気に入った小説などに出会うと、途端に言葉を失う。

僕は基本的に、ブログには否定的なことは書かないように(なるべく)しているのだけれども、そうなると、最近の「日記」のようにとりとめもなくなんの意味もない曖昧な文章が出来上がっていくわけで(言い訳)、情熱を持って本気で「本のオススメ」などを書いている記事などを読むと、思わず感嘆してしまう。あ、読みたい、と思ってしまう。

そういうものは、僕には書けない。

でもまあ、それでいい。これからも誰も得しない「日記」を沢山書いていくのだ。案外「日記」を書くのも難しいものなのですよ。

ネガティブな感情は人を動かしやすい(と僕は思っている)けれども、どうしても自分を見失いがちになるもの(この記事の冒頭のように)で、それを抑えて、コツコツと「日記」をブログに書いている人たちを僕は尊敬している。

ブログに「日記」、書こうよ。

おわり。