ほんといろいろ。

読書とただ日常は日記か何か

徹頭徹尾な支離滅裂

一般人の日記なんかに誰も興味なんかない、なんてよく言うけれども、全くそんな事はなくて、そんな中にもとても興味深いものも沢山ある。自分の書いたものがそうなるとは思わないけれども(期待はする)、それなりに長いことブログをやってきて、そろそろそういった日記のようなものを書くのもいいかな、などと思っている。

読んでもらいたいという願望と書きたいという欲望は、とても相性がいいとは言えなくて、ブログをやっている人にとっては最早絶望的苦悩の一つだと思う。簡単に悪魔に魂を売ってしまえればいいのだろうけれども、なかなかそうもいかない。

でも、やはり諦めというのは肝心で、そのどちらか(読まれたいか書きたいか)に寄せなければいけないような気がする。両立できる人も勿論いるだろうけれども、僕はそうは出来ない(確信)。

ということで、「書きたいように書く」という方に寄っていくことになったわけだけれども、そういった流れの中で、いわゆる「ただの日記」というものを書こうかな、とふと思い立ったという話で。

それでまあ単純な僕は、早速書いてみようかと、書き始めたわけだけれども、いやはやこれがなかなか難しくて、どうやって書いたらいいかわからないという困難な状況が発現してしまったという。なんなのだ。

多分、「これをやろう」と決めて書くのが良くないのだ。なんというか、思いつくままに適当に書き始めて、結果それが日記になった、という感じでないとダメみたいだ。

というか日記ってなんだ。その日に起こったことの記録?じゃあ今僕が書いているのはなんだ。その文章が日記であるとかエッセイであるとか小説であるとか、分類することに別に意味なんかないような気もしてくる。

やーめた。

それにしても、支離滅裂な文章とはこういうものを言うのだろうな。言っていることとやっていることが違う人はたまに見かけるけども、最初に言ったことが簡単にひっくり返ってしまう文章を書く人はなかなかいないだろうな。

まあ、でもこれでいいのかもしれない。いつかまともな文章が書けるようになるかもしれないし、ならないかもしれない。とりあえずこれからも書こうと思ったら書くし、それがどんな結果を生むのか僕の知り得ることではない(無責任)。

文章を書くという行為自体が楽しいし、それでよしということにして、今日は寝ます。

おわり。