ほんといろいろ

本と音楽と日々の愚行録

それは書くべきである『供述によるとペレイラは…』アントニオ・タブッキ

私は子どもたちに何としても原爆資料館と平和公園を見せてやりたい。 -附田政登(盛岡誠桜高校校長)2019 2019年11月24日。ローマ法王訪問による平和公園閉鎖のため、予定していた修学旅行での「広島平和記念資料館」見学を諦めていただけないか。そう連絡を受…

全てへの祈りを捧げる眠りの書『レクイエム』アントニオ・タブッキ

夢でもし逢えたら素敵なことね あなたに逢えるまで眠り続けたい 『夢で逢えたら』大瀧詠一 前回の『インド夜想曲』が不眠の書であるならば、この『レクイエム』は眠りの書と言えるかもしれない。ゆっくりとまぶたを閉じ眠りに落ちれば、もう一度逢いたいと願…

アトマン探求の旅。『インド夜想曲』アントニオ・タブッキ

失踪した友人を探してインド各地を旅する主人公、彼の前に現われる幻想と瞑想に充ちた世界。インドの深層をなす事物や人物にふれる内面の旅行記とも言うべきこのミステリー仕立ての小説を読み進むうちに読者はインドの夜の帳の中に誘い込まれてしまう。イタ…

僕の弟子はお爺さん

「オレがもう少し若ければあなたの弟子になったのにな」 冗談だったかもしれない。しかし、そのお爺さんが僕のことを気に入ってくれている雰囲気はすでに感じ取っていたので、多分思いのほか本気の台詞なのではないかと僕は思った。なのでそれはなかなか、と…

輝ける愚行の穏やかな響き『ブルックリン・フォリーズ』ポールオースター

つまり、草野正宗氏の言葉をお借りするならば、 くだらない話で安らげる僕らは その愚かさこそが何よりも宝物 (「愛の言葉」より) ということなのだ。 傷ついた犬のように、私は生まれた場所へと這い戻ってきた──一人で静かに人生を振り返ろうと思っていたネ…